Message

メッセージ

Creating Shared Value

私たちは共通価値の創造を目指します

クライアント様と共通価値を創造する

「企業が社会ニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果経済的な価値も創造される」と
2011年にマイケル・ポーター教授により提唱され、
これは「CSV(Creating Shared Value)=共通価値の創造」と称されています。

CSVの3つの方向性

  • 1社会課題を解決する
    製品・サービスの提供
    自社サービス・製品でいかに社会課題を解決するのかを常に探索。さらに、当事者のリアルな声と時代変化を事業機会と捉え、新規事業創発・推進する
     
     
  • 2個がもつ本質的な価値創出と
    社会への貢献の両立
    社会的弱者(意志を発揮する機会が圧倒的に不足している人)による新経済圏を創出。生産性・拡張性・安定供給を最適化し社会課題を解決
  • 3事業展開地域での基盤強化と
    地域への貢献の両立
    事業展開地域における人材・周辺産業・市場の透明性などを強化し、地域における生産活動や経済的価値を高め、自社の存在価値も向上させる 
     

VALT JAPAN 株式会社3つの特長

  • 1”脱”労働時間=人材・企業の成果促進
    夜遅くまでPCに向かう時代は変わる―
    本当にあなたがやるべき業務に注力することで、今よりも喜ぶひと、幸せになる人が必ず増える。
    そのために我々は、積極的にバックオフィス業務のアウトソーシングを受託し、企業様の売上・利益の拡大を支えていきます。
  • 2生産性・再現性の向上
    人財なくして成長なし―
    なぜ「成果」が生まれたか、この先に未来はあるのかという漠然とした疑問を顕在化しなければならない。私たちは、成果や成長を顕在化し、ひとりだけの成果で終わることなく、誰もが(組織全体)成果を出し続けるための仕組みのひとつになります。
      
     
  • 3業務依頼=社会課題の解決へ
    「機会不足」が本質的社会課題―
    クライアント様からアウトソーシング(業務委託)をしていただいた仕事(作業)を、約6,000名を超える全国の障がい者スタッフが遂行しています。今後も更なる可能性を創り、共益創造(CSV)を実現させます。
      
  •  

障害者の「頑張りたい!」という意志に"価値"がある

多くの障害者の声をきいてきた。
全員ではないかもしれないが、多くの人たちに共通していたことは「本当はもっと頑張りたい」という本音。
しかしながら、じぶんの体調や環境など、さまざまな理由により「がんばり続ける」ことが難しいのも事実。
この「頑張りたい!」という意志は、「誰かに喜んでもらいたい」、「認めてもらいたい」、「もっと社会に貢献したい」という純粋でまっすぐな気持ち(意志)です。
こうした「頑張りたい!」という意志は、毎日持ち続けている人もいれば、そうではない人たちだっている。
ただ、問題なのは「頑張りたい!」と思ったときに、すぐにその意志をぶつけられる機会が不足しているということ。
意志をぶつけられる選択肢が少ないことが、障害者の働き方において重大な課題であると捉えています。
特例子会社・継続型就労支援事業所(A型・B型・移行型)・在宅就業者あるいは無職の障害者が、
もっと「誰かに喜んでもらいたい」、「認めてもらいたい」、「もっと社会に貢献したい」という純粋でまっすぐな気持ち(意志)を抱いているのであれば、
私たちVALT JAPANは「仕事(しごと)」を通じてその意志を実現させます。
何が問題であり何が課題なのかを整理し、障害者が抱えている「意志を実現させるための選択機会の不足」を、私たちはソーシャルビジネスで解決していきます。

「意志のある可能性に愛を」

私たちは、この芯を決してブラさずにソーシャルビジネスを展開しています。

"障害者が抱いている「誰かのためになりたい!」「社会のためになりたい!」というまっすぐな気持ちを発揮できる機会が乏しい-"

私たちは、この「機会の不足」を本質的に解決させることで、一人ひとりが「存在価値・存在意義を強く実感できる社会」を創ることができると信じています。
 
仕事は、この意志を実現させてくれる手段のひとつ。大切なのは「じぶんの存在が必ずどこかで必要とされていること」を、いつの時代でも実感できる機会がある、ということ。
 
この機会を創るために、私たちはこれからも、企業さま、障害者就労支援施設、特例子会社、団体の皆さま、そして"意志"をもつ障害者と共に、ソーシャルビジネスを推進していきます。
  
さあ!じぶんの人生を"じぶん史上最高の物語"にしようじゃないか!  


VALT JAPAN株式会社
代表取締役 小野 貴也