Blog

ブログ

障害者への外注で得られるメリットとは?

投稿日:2017年04月19日

 

労働環境の改善に時間とお金を投資する企業が増加している昨今。

日本が推進している「働き方改革」を通じて、企業は「実質労働時間の削減」「在宅勤務の体制構築」「業務のアウトソーシング化」「社員のメンタルヘルス対策」などを実行し、人的な生産性を高めようとしている。

業務のアウトソーシング化を行う上では、当然ながらメリットとデメリットが生じるのだが、私たちが推進する障害者へのアウトソーシング(クラウドソーシング)により、このデメリットが緩和されている。例えば、業務を社内で内製化した場合に生じるデメリットとしては、社員やパート(アルバイト)に発生する人件費が固定化されることにある。もちろん、社員らの生産性を高められる社内オペレーションや人的なバリューチェーンが整っていれば何ら問題はない。むしろ、一人当たりの生産性が高ければ内製化するに越したことはないと断言できる。一方、アウトソーシングを行うメリットとしては、業務(タスク)を処理・遂行するために発生する費用が変動化されるため、ここでの費用は「コスト」ではなく「投資」へと変化する。

さて、タイトルの通り、障害者へ外注することでどのようなメリットが生じるのか?業務を内製化した際に発生するデメリットが、障害者へ外注することでどのようにメリットへと変換されるのかについて記していきます。

 

障害者への外注で得られるメリット

■外注したい業務の専門家になる

企業内に、「この作業だけを1日中やって欲しい」という業務(タスク)ばかりかというとそうではない。あらゆる業務(タスク)に対して柔軟にかつ計画的に実行していく必要性が社員やパート(アルバイト)には求められている。一方で、私たちが推進する障害者アウトソーシングチームでは、「この作業だけをやって欲しい」という要望を実現できる。外注する業務量(ボリューム)に応じて、「教育を徹底」するからだ。それも、必要最低限の人工を確保するための教育ではなく、2倍近くの人工に対して教育を行う。ヴァルトジャパンの障害者チームには、PCスキル(デジタルスキル)を高めたいという障害者が数多く存在しており、仕事をただこなすだけでなく「実践的な教育機会」を受けることにも価値をおいている。そのため、業務の細分化や切り出しができている企業は、先々の外注量(業務量)の増加が見込めているため、『「自社業務の専門家」を育てておきたい』という考えが生まれ、私たちをアウトソーシング先として選択していただいている。

クライアント様と打ち合わせをする中で発生する議論は、まさに「中長期的に生産性を高めるための方法」だ。障害者への外注を、この方法の一つとして選択する企業は、「即時的な生産性の向上(見えやすいコスト削減)」と「中長期的な生産性の向上(教育機能による見えにくいコスト削減)」のいずれも実現させられる、と考えていただいている。

◎本来アウトーソーシングやクラウドソーシングが持つ「見えやすいコストの削減」を、障害者への外注でも実現が可能

◎安定供給を行うために、外注業務に適切な人工分以上の専門人材を育成し、中長期的な「見えにくいコストの削減」が、障害者への外注により実現が可能

◎障害者雇用が義務化されている100名以上の企業は、自社専門人材を開発(育成)することができ、即戦力障害者が雇用できる

障害者への外注で得られるメリットには、「アウトソーシングだからこそ得られる従来同様のメリット」と「障害者だからこそ得られるメリット」がある。企業の働き方改革には必ず中長期的な労働環境の改善計画と生産性向上計画があるはずです。

私たちヴァルトジャパンは、企業の生産性の向上だけでなく「競争力強化」と「再現性強化」をサポートさせていただき、同時に!社会的課題の抜本的な解決を実現させる。

 

障害者クラウドソーシングの問題と課題とは?

投稿日:2017年04月12日

 

労働力不足とは「人手が足りていない」という事実のことだけかというと、おそらくそうではない。

では、1人あたりの生産性を高めることで解決させられるかというと、そんな単純な話でもないだろう。企業の労働力不足から生じる経営的な不具合を解決させるために、私たちは「何に」「どのような」策を投じていくべきなのだろうか。疑問を疑問のまま終わらせても、短期的に見れば大した事態ではないとも感じられる「人手不足」という企業の課題。

この課題を解決している産業の一つがクラウドソーシング産業であり、市場規模は1兆円*を超えると予測されている。2023年頃の予測だ。(*クラウドソーシング協会webサイト上の情報参照)併せて、クラウドソーシング産業はプラットフォーム事業だけではなく、現在ではあらゆる市場で価値が創出されている。ヴァルジャパンが推進している障害者クラウドソーシング(アウトソーシング)では、福祉的な配慮と経済的価値の創出を実現させる事を追求し続けている。

一方で、事業を推進し障害者就労業界全体を活性化させるために、我々事業者は次のリスクに対する事業構造を設計して実行させる必要がある。そのリスクとは、障害者クラウドソーシングの問題である「急速な価格破壊」が生まれるということだ。経済的構造上の理論がそのまま適応され、障害者チームおよび障害者就労業界としては「安さNo.1!」を売りにしなければ、市場から撤退せざるを得ない状況が生まれてしまう。

このような「急速な価格破壊の問題」を、クラウドソーシング産業全体において、積極的かつ力強い実行力で解決させている企業が”クラウドワークス社”だ。企業とワーカー間が創出している経済効果は、単純な売上高ベースだけでは算出できない程の影響力がある。このような経済的成長を推進させながら「業界内(産業)における価格破壊の防止」と「ワーカーの更なる地位向上」等々を実現させている。

「じゃあ、自分たちも障害者クラウドソーシングをやろう!」という発想になるのが普通だが、私たちヴァルトジャパンはやらない。根本的に障害者福祉業界の構造が特殊であるため、「お仕事を紹介します」や「お客さんを紹介します」というスタンスでは本質的な解決にならない。障害者一人ひとりの就労スキルを活かす、という考え方”だけ”でも、本質的な社会的課題の解決には至らないと認識している。併せて、発注者側(クライアント)の課題解決も限定的になり、継続性が乏しくなることが既に証明されている。(国が推進し投じてきたいくつかの制度や施策等々)

 

障害者クラウドソーシングの課題は、「企業と障害者のマネジメント機能」の向上だ。

単に営業マンを増やして成果が得られる時代はとっくに終わった。

かといって、顧客に選ばれるマーケティングを実行しよう!としたところで、市場の競争原理からすれば、一概には言えないがこれもまた単純な話ではない。品質と供給の安定化は当たり前であり、かつ顧客が感じる価値の向上も必須だ。一方でクライアント側は、このような”企業価値”を更に高めるための手段の一つとして”クラウドソーシング”を活用しており、美人モデルのようなスリムな経営を通じて「企業の成長戦略」に投資を行なっている。

「企業との合理的かつ持続的な連携」を障害者アウトソーシングで実現させるためには、業界全体の構造を理解し、障害者が働く環境や体制に着目し続ける必要がある。仕事の斡旋(紹介しておしまいッ!)というビジネスモデルだけでは、企業そして障害者業界を成長させることはできないと断言できる。

だからこそ、現代に必要な事業モデルを日々考えて考えて考え抜くことが大事だと言える。国や行政そして業界団体も、日々この課題に頭を悩ませながらも「より良い社会」の実現に向けて前進しているはずだ。

しかし、私たちが決して忘れてはならいことが”実行力”であることは変わりない。障害者チームの力強さとフィールドマネージャー(現場の職員方)による福祉的サポート・就労サポートの力が、私たちの推進力の源になっている。

クラウドソーシング産業と障害者就労業界の更なる成長に今日もまた熱中する −

ライティング校正業務から生まれる新発見

投稿日:2017年04月12日

 

<障害者チームの声>

私は、ヴァルトジャパンの「Vediters(WEBメディア更新サービス)の一つである、ライティング校正業務を通じて沢山の事を学びました。

1つ目は、「不正記事の検出」を行う方法を学びました。「不正記事の検出」を私は今まで行った経験が無く、この仕事を通じて文章(記事)のコピー率を検出検証する仕事があるのだと初めて知り、大変勉強になりました。

2つ目は、「weblio辞書」の使い方を覚えたことです「weblio辞書」の類義語の検索の仕方も勉強になりました。
私はインターネットをあまり使用しないので、検索作業を通じてインターネットの便利さが分かり、類義語などを調べる際は特に役に立ちました。

3つ目は、「自分で文章を頭の中で考えてから文章を書く力」を養うことが出来るようになったことです。校正業務とは、いかにして読み手にわかりやすく伝わるかを考えなければなりません。
文章をあまり普段から書かないので、初めは中々書けませんでしたが、ライティング校正業務等やっているうちに、段々と力が付いてきました。
これまで、習慣的に本を普段から読んでいれば、問題なく文章は書けると思いましたが、本を読むという習慣がなかった私でも、適切な文章が書けるようになる事を知りました。

これは新発見です。

小さい頃から本を読まないから文章が書けないと言われ続けた私の固定観念が見事に無くなりました。

4つ目は、「検索力」です。検索作業さえ出来れば、今は何でも知りたい事が知る事ができます。ライティング校正業務は、「不正記事の検出」と「正確な情報収集」を実行しなければなりません。

障害者クラウドソーシングでは、このようなお仕事を複数名のチームで行うため、チーム間でのコミュニケーションが生まれ、「より良い仕事」「より良い品質」を追求することができます。

パソコンでの入力作業が大変速くなった事にも、自分自身とても驚いています。
このように、今まで自分に無かったビジネスの力が付いてきたと実感しているので、良かったです。
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

障害者クラウドソーシングがもたらす”変化”とは

投稿日:2017年04月11日

 

今の時代、自然災害、政治への不信感、世界各国の不安定な政情や国内の景気動向など、人々が幸福を感じにくくなりつつある今、私たちは”変化”をいろいろな場面で必要としている時代ではないだろうか。

例えば障害者の生き方。

人それぞれ、障害の状態やそれによる感じ方(孤立感、依存感、閉塞感・・)
このような自己否定的な考えで日々すごされている人は多々いるだろう。
やはり、社会とのつながりこそが自己否定的な考えを少しでも解消させるのではないかと考える。

それとともに、その人にしか感じ得ない感性や存在感が、ある意味社会共存の楽しみとともに生きるためのエネルギーとなるのではないか。

健常者でも就職難の時代、障害者が・・この閉塞した今までの働き方や常識を変える時代だと思う。

例えば障害者クラウドソーシングー

それぞれぞれの考え方やアイデア、そして生き方等をまとめて商品化やサービス化をさせられる可能性が秘められている・・・

一企業でこの先50年後勤められるか。
たぶん難しい時代に入っていると思う。
一流企業の合併、倒産など、一昔前では考えられない事態が普遍的に起きている。

これから始まるのは、”今”の常識を超えた変化を受け入れ、新たな常識を生み出すことだ。
簡単なことではないからやりがいがうまれる。

けっして一人で行うのではなく、チームで励ましあいながら個性や知恵などに未知数の価値が眠っている・・
クラウドソーシングなどの方法を活用した商品化やアイデアの創出、発注者側の膨大な業務を”細かい部分まで業務の切り出しを行う”ことの必然性、そして社長と従業員というこれまでの関係(固定的な考え方)ではなく、対等でかつ実行力のある関係性も一つの価値だろう。

変化は前へ進むことだ。
一定の場所で同じ作業をおこなうことは、大変でつらい業務だろう。
しかし、変化という選択を実行させなければ、企業の労働環境と障害者の就労環境はより良くならないし成長はないと思う。
今の”当たり前”をフォーカスすることは大事だが、変化にフォーカスすると、視野が広がり楽しくなるのではないだろうか。

障害者クラウドソーシングは、この”変化”を生み出す一歩にすぎない。
障害者の就労環境を抜本的に解決させるためには、必ずと言っていいほど”企業の労働環境”を見直し、改善に向けて実行させる必要がある。
働き方改革に精を出す企業は”変化に投資をする企業”として、間違いなく市場での優位性を見出し、競争力強化を実現させるだろう。

これからの時代における
障害者の社会との接点の多様性

投稿日:2017年04月10日

 

障害者にも多様な障害があり、個性があり、人の協力がないと生きづらいなど、一言で障害者といっても様々な方々がいる。

今回は、福祉という観点からではなく、個性という観点、そして生き甲斐という観点から「社会との接点の多様性」について考えてみたいと思います。

まずは個性という観点からですが、健常者には生活の点で何事もできて当たり前の感覚があるかと思いますが(全てではありませんが)、この感覚は障害者の感覚には余りありません。

だからこそ、個性的な発想があります。

この発想とは、今の時代、アウトソーシングやクラウドソーシング等で社会との繋がりができ、企業や人に必要とされる「生きがいによる幸福感」が感じやすいということを示します。

これからの時代、障害者は弱者という視点からの時代は終わり、「社会から必要とされる」いや、この人だから仕事をして欲しい、この人に会いたいという感覚の時代に移り変わる転換期だと思います。

障害者だからできる発想は、今以上に健常者の心と感覚を近づけるに違いないと思います。

2020年オリンピックパラリンピックには、世界から多くの国の障害者が日本に来日します。

今、インフラ等でバリアフリー化に国も力をいれていますが、メンタルにおける障害者への価値観をもつ日本がリスペクトされるような国になるべきだ。いや、なれるはずだと強く想う。

実現できれば、本当に素晴らしいことだと思う。

もっと社会や人とつながるべき障害者はいる!

投稿日:2017年04月10日

 

現在、社会の仕事は大きな変化をしている。

私は車椅子利用者だが、昭和39年生まれで18歳の時に事故を経験し、ここから私は障害者になった。

その当時はバブル経済の真っ最中。

今では考えられないような大企業に就職し、2年後には公務員として勤務してきた。
当初就職時は、パソコンもワープロもない時代で、鉛筆やボールペンでの手作業が当たり前で、当時勤務していた企業の中で、障害者は私一人であった。
(今では、その企業は合併している)

障害者が働ける環境は、今と比較すると「無いに等しい」。

しかし、時代は変わった。
1993年から2005年頃には就職氷河期が到来。
求人倍率が回復してきた、と言われている現在は、当時と比較すると”まだ良い方”なのかもしれない。
一方で問題となっているのが、雇用需要が増加するにつれて発生している”人手不足による過重労働”だろう。

いわゆる”ブラック企業”の創出と増加だ。

時代の変化とともに働き方を柔軟にしていかないといけない。

サラリーマンは朝9時から夜遅くまで職場にいて業務に没頭する。

これにより、安定したサラリーと社会的信用が保証されるのだ。

終身雇用制度がすでに崩壊している日本の労働社会において、バブル経済当時ほど簡単に「とことん働きまくる」事は、常識と言えなくなっただろう。
当時は、「とことん働きまくる」働き方がスタンダードだったが、今は働き方の変化と多様化が求められている時代になった。

障害者が企業まで行き勤務する。
もちろん素晴らしいことだと思う。
一方で、通勤困難な障害者も多々いると思われる。
そういう方々も、社会とのつながりが大事だと思う。

パソコン時代、IT時代になったことにより在宅でも仕事がより可能になった。

クラウドソーシングにより仕事の種類や内容が増加した事で、障害者にとって働くことへの可能性が広がり、自分の存在感までも感じられる機会が増えた。

「障害者だから無理だ」は、時代遅れの感じ方になることが当たり前になる時・・・それが今ではないか。

逆に障害者だからできる。そういう時代ではないか。

なにも高度な技術を持たなくてはならないわけじゃない。

強い意志から生まれる仕事、社会とのつながりは、私たちが想像している以上に生まれやすい時代なのだと思う・・・

これはまさに、まずは「一歩踏み出す勇気」からではないだろうか。

人目を気にして外出を避ける。これこそ時代遅れになるだろう。
(私は車椅子利用者だからこそ、もっと外出をして欲しい!と心から願っているという強い想いを届けたい。)

いろんな人がいて当たり前、いろんな個性が集まる社会「個性集団」、それが社会なんだと思う。

そういう社会になるはずだ。いや、するべきだ。

パソコン、クラウドソーシング等を利用し社会との接点を多くすることで、企業や人とのつながりに、よりウィンウィンな関係性が構築されると思う。

「社会の変化は自分を成長させるきっかけ」

座右の銘として、これからも仕事をしていこうと思う。